エレベーターよくある筆問

                         ホームへ戻る

月に一度の点検は必要ですか?

労働安全衛生法の規定に基づき、第百五十五条により、「事業主は、一月以内ごとに一回、定期的に自主検査を行わなければならない。」と定められています。また、第百五十七条には、「事業主は、この節に定める自主検査及び点検結果を記録し、これを三年間保存しなければならない。」としています。さらに、第百五十八条には「この節に定める自主検査又は点検を行った場合において、異常を認めたときは、直ちに補修しなければならない。」としています。

 

エレベーターには責任者が必要なんですか?

所有者等は、昇降機の運行を直接管理するために、昇降機の運行に十分な知識を有する運行管理者を原則として建物ごとに選任するものとしています。だだし、昇降機の設置台数その他の状況により管理上支障がない場合は、複数の建物に一人でよいとしています。

人身事故が発生した時は、どんな処置が必要ですか?

怪我人に対して速やかに応急手当てをして下さい。その上で、消防車及び医療機関、被害者家族、専門技術者への連絡を行ってください。その後、24時間以内に特定行政庁へ規定された様式により昇降機事故速報を提出し、また事故処理が解決した日から起算して7日以内に昇降機事故詳報を報告してください。ちなみに、昇降機所有者は、緊急体制として医薬品、担架、はしご等を常備し、定置したうえで明示しなければなりません。また、事前に医療機関との連帯方法と技術者への連絡方法を定めることが必要です。

昇降機事故報告書(速報・詳報)
昇降機事故報告書(速報・詳報)
・昇降機事故報告書(速報)は24時間以内に報告する。
・昇降機事故報告書(詳報)は7日以内に報告する。
*報告書用紙を下記からダウンロードできます。
IMG_0002_NEW.jpg
JPEGファイル 3.0 MB

                                 トップへ戻る  ホームへ戻る

乗っている時に地震が起きたらどうしたらいいんですか?

エレベーターによっては初期微動(P波)を感知して最寄階に停止し、扉を開く物もありますが、そのような機種でない場合はエレベーター内で揺れを感じたら、真っ先にすべての階の行き先ボタンを押して下さい。停止後は速やかにエレベーターから降りてください。また、地震や火災の避難にはエレベーターを使用しないでください。地震や火災に伴う停電によりエレベーター内に閉じ込められる危険性があります。さらに、地震や火災がおさまっても、安全運行の点検があるまで使用しないでください。

万が一、エレベーター内に閉じ込められた時は、どうしたらいいですか。

停電になっても、自動的に停電灯が付きます。またエレベーター内で窒息するようなことはありません。無理に出ることは危険ですので、備え付けのインターホンで通報し、管理者の指示に従ってください。仮にエレベーター管理者との連絡がつかない場合は、戸をたたき大声で外部に知らせ、エレベーター管理会社へ連絡をしてもらってください。

積みすぎてエレベーターが動かなくなりました。どうしたらいいですか。

決められた積載重量をオーバーする荷物を乗せることは危険です。かごが沈下し、正常に動かなくなることがあります。積んだ荷物を下ろしただけでは動きませんので、エレベーター管理会社の技術者を呼び対応をさせてください。

荷物用エレベーターは積載重量をオーバーしないのであれば人が乗ってもいいでしょうか。

荷物用エレベーターは、法律上で許されているのは運転者1名のみです。また人が乗るエレベーターとして使用するには安全面で問題があります。荷物と違い人間は立って乗るためにスペースを余り取りませんので、乗りすぎて積載重量をオーバーすることが多くなります。危険ですからおやめください。

                                 トップへ戻る  ホームへ戻る

技術と信頼のメンテナンス

柏エレベータ工業株式会社

所在地/〒277-0033  

千葉県柏市増尾163番地

TEL:04-7172-0091

FAX:04-7172-0179

 

 

未来が変わる。日本が変わる
チャレンジ25キャンペーン

地球を住みやすい星に、、

子供たちに緑あふれる大地を、

「かしわエコサイト」柏市で取り組むエコ運動

ザ・ビジネスモール商工会議所運営の商取引支援サイト

柏商工会議所企業にMERIT 地域にMERIT